賃貸物件を探す際

賃貸物件契約とネット環境

トップ

賃貸物件契約の情報

賃貸物件契約に必要な書類

賃貸の物件を契約する時に、必要となる書類があります。まず、借り主本人の場合は、免許証や保険証等の身分証明書、3ヶ月以内にとった住民票と印鑑(認印で可)が必要になります。不動産業者によっては、源泉徴収票や納税証明書等の所得証明書の提出を求められる事もあります。次に連帯保証人についての書類ですが、こちらは実印とその印鑑証明書が必要です。その他に、保証人の身分証明書が必要になります。保証人の所得証明書については不要な場合が多いですが、稀に提出を求める不動産業者もあります。また、不動産業者から渡される書類に、連帯保証人の保証書がありますが、これは保証人本人が署名・捺印をしなくてはなりません。賃貸契約を結ぶ時に不備がないよう、しっかりと用意しましょう。

賃貸 東京ならお得情報はこちら。
リノベーション物件から高齢者向け物件まで豊富に取りそろえています。更新料や手数料なし物件もこちらから。

まずネット環境をチェックしよう

インターネットがすっかりと普及した現在では、賃貸住宅を探す時に、ネット環境が整っているかどうかを重視する人はとても多いでしょう。インターネットでニュースを読んだり、メールで連絡をしたり、無料電話で話したり、ゲームやSNSを楽しんだりする人がとても多い時代になりましたから当然でしょう。またSOHOをしている人、副業などをしている人にはインターネットが繋がらないと不便な思いをする事になります。引越し後にインターネットをすぐに使いたい人が賃貸住宅を探す時には、まずインターネットの環境がどうなっているかを真っ先に調べましょう。