役立つ賃貸物件探し

賃貸は使用業態の説明を

トップ / 賃貸は使用業態の説明を

賃貸物件契約の情報

賃貸物件の店舗仕様化

賃貸物件であれば、店舗のような使用方法は問題なくできるでしょうか?この答えは、ノーです。まず、大きく分けて住居用と事業用に分けられます。それで事業用であれば、どんな物件でも店舗として使用できるかというとそうではありません。事務所と店舗では用途が異なりますので、美容院のような店舗を行なう場合には事前にその物件で店舗として使用できるかどうかの確認が必要です。これを怠り事後に店舗使用ができないとなっても後の祭りです。賃貸物件は、その使用方法や使用用途に制限がありますので、特に店舗で物件を探している場合には業態などを詳しく貸主へ説明できるようにしておかなければなりません。

学区を把握して部屋探し

部屋探しを始めるときは、住みたい街の不動産会社を調べましょう。賃貸物件を取り扱っている不動産会社は、営業所ごとに、取り扱っている物件が違うことがあります。同じ市町村区内でも、営業所が違うと、一方の営業所では物件紹介チラシがあり、別の営業所では物件紹介チラシがない、ということがあります。営業所ごとに、担当エリアが厳密に違うわけではないのですが、営業所ごとに、担当する学区が異なっていることがあります。つり、住所や、最寄駅で探すのではなく、学区で探すという方法も、賃貸物件探しにかなり役立つのだと覚えておくと良いでしょう。